コーヒーを淹れる間に。

以前のこと。

俺の性格を曖昧に(ある意味では奥深く)捉えている人から、

「猫みたいなイメージを持っています」と言われた。

どういう意味合いを込めて言われているのか、

分かるような、分からないような、その波間でぷかぷかしている内に、

そのメッセージはいつの間にやら、脳裏の水平線へ溶けて消えた。

で、さっき、あ、と感じたのが、

その人がどうやら猫のファンとでも言うのか、

所謂「猫派」の人らしいということ。なるほど、だったら、

俺のことが少なくとも嫌いじゃあないんだな、と。

少なくともその時においては。

 

生暖かいコーヒー、一丁上がり。

 

編曲中の作品を聴き返しながら、もう少し続ける。

(※時間が時間だし、編曲作業は、

 あるパートで使用する楽器選びに留めることにする。今、決めた。※)

 

我が家の傍には、絹の道ならぬ〈猫の道〉が通っている。

深夜にてくてく歩いていると、実に様々な個別の猫を見掛けることが出来る、

猫好きには何とも素晴らしき散歩コース。

俺は猫と暮らしたことがないのと、

どの党員かと問われれば鳥党の者(無論、穏健派)なので

(※良い楽器と、明日への良い指標、バトンが出来たので、編曲はおしまい。※)

猫については殆ど何も知らないのだけれども、前にも此処に書いたように、

必要以上に猫にプレッシャーを与えないよう、目線を合わせないように

彼らを視るようには心掛けている。

それともう一つ、あの日記の後に分かった、猫も犬と同じように

目よりよっぽど耳を頼りにして暮らしているということ、つまり、

彼らを更に驚かせないようにするには、彼らの姿が見えたらこちらから、

声を掛けていくってことの徹底。勿論これは俺の勝手な解釈であって、

多分、人それぞれがそれぞれであるように、猫によっては反対に

過度にこちらの存在を強調される行為なのかもしれないが、それはさておき、

近頃の俺が〈猫の道〉を出来るだけ通っていくことにしているのは、

人間の俺が、猫という彼らの一部として見做されることがあるのかないのか、

そんな一好奇心から来る行動だったりする。

 

どういうこっちゃ、と思われるかもしれないが、どうもぼんやり観察するに、

彼らは単独で動く癖に、かなり纏まったところを居住区にし、

剰え同じ時間を、同じ空間で享受し合っていることが非常に多い。

ゴキブリじゃあないけれど、一人いたらもう一人は大体いる。

一人しかいないとこちらが認識出来ていないだけで、闇の中、

俺の目を掻い潜っているもう一人がいる、いや、

「い掛けたこと」も少なからずあった。平たく言うと、

一人が鎮座している姿に目を奪われていたら、間抜けな俺の斜め前方を

シルエットが駆け抜けていく。そういうことがままある。

ということは、だ。

同じような時間帯を同じような足取りで行けば、俺は彼らの顔なじみとなり、

少なくとも見て見ぬふりをされるような、そういう自然な対象にはなり得るのではないだろうか、そんな予想と並じゃない明日を打ち立てているのだ。

もしそれが叶ったなら、俺も猫の集会に彼ら同様に無言で参加して、

一斉に銘々の方角へと解散していく彼らからワンテンポ遅れて、

帰路につけたりなんかするのかもしれない。

 

って。

これじゃあ、猫みたいというイメージとはどうも違うな。

ただ付け加えておくと、

俺は多くの野良猫がそうであるように、タダで撫でられるのは許さないし、

何か美味そうな物を目の前でちらつかされても、

青酸カリがまぶされているに違いない、と、空腹であればある程に怒るだろう。

上手に世話をされるのは、実に難しいことだ。