誕生日を迎えて、二ヶ月以内に死ねば

2016年という音楽業界にとって忌まわしい年に、しかも27クラブと同条件で

あの世なのか。これが同時に迎えられるタイミングが自分史最大のチャンス、

というのは冗談として(だってミュージシャンじゃないから)、今年自分が死ねる

のか、と、今年に亡くなるミュージシャンに同い年の人が現れるのか、には、

ほんの少しだけ目を光らせるのだろうか。ないだろうな。

リーチに気が付いて少し面白がっただけのこと。

 

ここのところ映画を多く観ているが、どんな映画を観たのかが自分の中で全く

重要視されていない。時間潰し、自分潰し。現実逃避と言うよりも、

トラウマ逃避に近い。フラッシュバックから逃れ続けて、何も起こらないように

映画を観る。映画が音楽を語り出したら切る。

日常の瞬間ゝゝが片っ端から思い出されたくないものに変質していた。

これを回らない頭と口とで捲し立てて人に説明したら、終えて直ぐにまた、

それがフラッシュバックとなって洪水のように。書いていたら今も。

頭と胸が締め付けられて、発汗して、鼻水が、つまり代謝が急に上がって、

涙が少しだけ。でも喉で止まる(喉で止まると声が著しく高くなるから厭だ)。

前から訝っていた、統合失調症と診断されても不思議には思わない。

自生思考を認めた時からその可能性を頭の片隅には置いていた。

別に覚悟なんか必要ない。既に患っているものに名前が付けられる、

薬を渡される、もう良い、今日も纏まらないし纏める気も起きない。