灰色文字は、人目に晒すには拙い気がするところ。

昨今、何かに置き換えて物を捉える、極端な理解の仕方が横行していると思う。

イコールとか、~~~な人の特徴とか。

早急に理解しなければ追い付けない数だからか。

手広く掌握していたいからか。

馬鹿にされないためなのか。

 

客観性って大事だけれど、

外側からでは判らないことを常に無視されているのは辛いから、

人の目ではカバーできないことは、

しつこいくらいに自分でフォローしなければいられない。

全部外の判断で構わないって思えたらどんなに良いだろう。

自分さえ分かっていればそれで良いと思えたなら。

棄てても棄てても戻ってくることがなければいい。

 

学校に行く夢が続く。

急いで登校したのに、道が歪んでいるせいで遅刻して、昇降口で叱られた。

廊下を歩いていたら、持っていたバケツの水をぶちまけ、

知らないクラスの作品を台無しにしてしまって、また叱られた。

代わりに飾るものを作れと迫られたので、

そのクラスの生徒と担任に囲まれる中で、絵を描いた。

オリヅルランみたように開いた草。

その葉先に一匹ずつ小さなバッタを留まらせる。

近くにあった写真か何かを模写したものだ。

それで許してもらうと、再び自分の教室へ向かい出した。

やっと辿り着いたところで、

授業で使う筈だった絵具を何処かに落としてしまったようで、

その不用意さと言い訳したこととを叱られた。

何処へ行っても迷惑を掛ける惨めさに厭になった夢。