手紙

藤原基央さん、そして親愛なる皆へ

誤解を怖れないで言うと、何をされたら人は喜ぶのかを俺は貴方の涙から教わったらしかったです。貴方は泣きながら唄を歌っていて、そのことを伝えるために、辛い想いを堪えてでも傷を抉りながら、血を吐きながら、唄を書いてきたのだと思います。 俺にはおお…

初めて、フルネームで書くよ

もっと気の利いた話をしたためた手紙があった。 いつそれを、宛名を添えないで公表しようかと考えていた。 なのにこんなことを初めに選んでしまって、ごめんなさい。 ごめんなさい。 藤原基央さん。 貴方が言っていた、誰かが生きたいと願っていた誰かの明日…